Ad
Ad
Ad

先日、レディースの服はいろいろとめんどくさいという記事を書きましたが、今日はその中の背中にボタンやファスナーがある服とか、脇の部分にファスナーがあるとか、着るのも脱ぐのもなんだかややこしくてめんどくさい服のことを書いてみますよ。

背中にファスナーがあるワンピース

背中ファスナーってこれ割と普通ですが。でも自分で着るのは結構たいへんなの。

体が硬かったらまず手が届かないし、太っても手が届かなくなるし、四十肩や五十肩になったら絶対無理だし、指先を怪我してても痛くてファスナーがあげられないし。
つまりファスナーがある服は、ちゃんとその服を着る手助けをしてくれる人がいるという前提なんです。たぶん。

女の服はめんどくさい
うん、家族がいればいいんだけど、一人暮らしでワンピースが着たい人はどうすればいいのぉ??
家族がいても、いつもそばにいるとは限らないし、同居してる人が高齢で無理かもしれないし、怪我してるかもしれないし、病気で寝込んでるかもしれないしで、やっぱり背中ファスナーのワンピース(これが大半)は、常に一人で着られるように準備しておかなくちゃいけないのよ。

[clear]で、その対策を考えてみました。

*買わない、持たない

はい、これが一番簡単です。四十肩でも五十肩でもOKである。それから

*大き目を買う

大き目を買うというのも多少は着るのが楽になりますが。

*ストレッチをする

これはおすすめです。なかなか続けられないけど。
こういうのをやるといいらしい。
[clear]こういうのとか。ヨガなんかも体の柔軟にはいいみたい。
似てるけどこういうのとか。背中の後ろで、手が組めるとか、すごい人もいたりね。[clear]

*太らないようにダイエット

これも当然ですけど。

服をきちんと着るのいうのはなかなか厳しいものがあります。

背中あきの服をひとりできちんと着られるということは、健康で太ってなくて、どこも怪我してなくて、っていういわばベストコンディションだってことなんですね。
[clear]

まとめ

どんなに着たい服があっても、時には諦めなくてはいけない時もある。
四十肩になった時、1年間ぐらい後ろ開きの服が着れなくてすごーく残念だった。腱鞘炎の時も半年くらい着れなかった。
前開きの服で我慢していました。まあそれでもいいんだけど。

ようやく体調が元に戻ってやっと着れるようになった時は本当に嬉しかったよ〜❤️
なんだかんだ言いつつ、ワンピースは好きなので、今日もこれから着て出かけるのです。
背中のファスナー、自分で上げられます。

アイスを持ったオニギリス

Author

ファッションとアートとアンティークが大好きな大人です。 夢をかなえて理想の暮らしを手に入れるために。 このブログを始めました。

Write A Comment