ベレー帽の似合う人になりたい-これさえやれば大丈夫。

ベレー帽をかぶるコツ

ベレー帽 の季節だから、おしゃれに 可愛く かっこよくかぶりたい。どうしたらいいか、考えてみました

ベレー帽 は好きですか。これからだんだん気温が下がってくる。そうすると頭が寒い。何か上に乗せたい。ということでベレー帽です。

なんだか気恥ずかしくて、というひとも結構いると思うけれど。

私にとって、ずっとベレー帽は憧れでした。

でもどうやってかぶればいいのかわからない。
いつか、ベレー帽の似合うおしゃれな人になるんだ!と若い頃から思っていて、気がつけば40代に。

で、ある日、決めました。

ちょうど気に入ったデザインで、サイズも合うものが見つかったので、このベレーの似合う人になる、と、毎日かぶることにしたのです。

ある時、雑誌にこんなことが書いてありました。
[bgcolor color=”#ffF0f5″]帽子をかぶり慣れるには、毎日かぶること。
周囲の人に、あの人は、いつもああいう帽子をかぶる人だと、認識させること。[/bgcolor] あ〜そうなのね。これが一番確実です。

しばらくは気はずかしくて、やっぱりやめよう、と思ったり、いや、勇気を出してかぶらないといつまでたってもかぶれないぞ、と思ったり。
2つの気持ちの間を行ったり来たり。それでも、そのたったひとつの帽子をがまんして、かぶりつづけました。

最初ははずかしかったので、家の中で。
それから少しずつ慣れていって、ときどき外出にもかぶっていくように。
もう15.6年くらい経ちました。

今では、ベレー帽、お似合いですね、と言われたりします。
本当は白髪隠しだったりもするんだけど。
[bgcolor color=”#fff0f5″]髪のカラーリングでだんだん伸びて着てドーナツ頭になったのを隠すのもいいし、ちょっと寝癖がついていても、ベレーをかぶるだけでおしゃれに手を抜いていない人に見えます。[/bgcolor]

その帽子がこれ。実は、これをかぶる、と決めてから、他の ベレー帽はかぶっていません。

薄茶色のフェルトっぽい布。紫や赤茶色の糸で、雪模様みたいなのが刺繍してあって。
無地よりも被りやすい気がして選びました。

もうそろそろ他の帽子を、と思って去年、ひとつ買いました。でもまたこの帽子に戻っています。

ということで、

まとめ
どんなアイテムも、慣れる、ことで自信がつくと思います。
もしためらっている帽子があるのなら、家の中で かぶりはじめる、というのをおすすめします。毎日我慢してかぶり続けるのが、似合うようになる一番の早道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です